新登場のone オールインワンクリーム エモリエントリッチ、これまでのone オールインワン クリームとはどこが違う?

最近「ユーグレナ」という語をよく耳にするようになった気がしませんか? ユーグレナとはミドリムシの学名ですが、ミドリムシと聞けば「そう言えばかつて学校の授業で教わったような...」と思い当たるのではないでしょうか。

 

体長0.05mm程のミドリムシは、植物としての性質と動物の性質を持っている単細胞生物です。藻の一種で、緑色をしているのは生体内にクロロフィルを有しているからです。そのため光合成を行って二酸化炭素を消費するので、小さいながらも温暖化防止に一役買っているという訳です。更にバイオ燃料の原料にも使えるとして脚光を浴びているそうです。

 

ミドリムシの生体内には光合成によって生成された栄養素が豊富に蓄えられています。その栄養価の高さは他の植物と比べても引けを取らないどころか、上回っているとさえ言える程でしょう。何しろ植物としてだけでなく動物性の栄養素も含まれているのですから、栄養バランスも良く、これを「完全栄養食品」としてサプリメントなどに応用した商品も登場しています。

 

株式会社ユーグレナから発売され、話題になっている『緑汁』がまさにそれです。「another future. -ミドリムシが地球を救う-」をキャッチフレーズに掲げる同社が、世界で最初に屋外でのミドリムシの大量培養に成功したのが2005年のこと。以来、同社は『緑汁』のような健康食品の事業を展開する企業として名を馳せてきましたが、同時にユーグレナを使った化粧品の製造、販売にも力を入れているのです。

 

これはミドリムシには食品としてだけでなく、スキンケア用品としても利用価値の高い成分を含んでいるためで、人気の「one オールインワン クリーム」も、そのミドリムシのパワーを生かして開発された化粧品です。

 

更にユーグレナ社は従来のオールインワンクリームに加えて、新たに「one オールインワンクリーム エモリエントリッチ (ER)」という商品も売り出すようになりました。ではこれら従来品と新発売の商品、どのような違いがあるのか、次に詳しく説明を加えていくことにしましょう。

 

新発売のエモリエントリッチにはユーグレナオイルも含まれている

 

従来から売られていた商品と新発売の商品との具体的な相違点として、ユーグレナ由来の配合成分の違いが挙げられるでしょう。

 

ユーグレナエキスが使われているという点では新旧の商品どちらも共通してます。多様な栄養分が含まれたユーグレナエキスが肌の奥まで浸透すると、古くなった細胞を新しい細胞に入れ替わるのを助けてくれるのです。従来品にもそのユーグレナエキスが入っているので、それだけでも十分な美肌効果が得られるはずです。

 

しかしながら新しく出たone オールインワンクリーム エモリエントリッチ(以下ERと略)には、それに加えてユーグレナオイルも含まれているのが特徴となっています。つまりユーグレナエキスとのダブル配合が新商品と従来品との大きな相違点なのです。因みにコスメ用品の素材にこのユーグレナオイルが使われたのは、国内外を通じてこのERが初めてなのだとか。

 

当然、ユーグレナの充実度や多種多様な美容成分や栄養分が含まれているという点で、新商品ERの方がエキスのみが配合された従来品を上回っている訳です。このユーグレナオイルは年齢肌対策に絶好の成分との評価も受けていて、肌への優れた潤い効果も期待できるのです。それでいて低刺激性なので肌に負担を与える恐れが少なく、これも大きな魅力と言えるでしょう。

 

新商品のエモリエント成分の比率は従来品の1割から大幅アップの3割に

 

ERが新バージョンの商品だと言っても、従来品のoneオールインワンクリームとは同じシリーズの化粧品という位置づけなので、配合されている成分に際立って大きな違いがある訳ではありません。ただ新商品の方は「エモリエントリッチ」と名乗るだけあって、従来品よりエモリエント成分が豊富なのです。

 

このエモリエント成分とは、肌に柔軟性を与えて水分の蒸発を防いで滑らかにする働きのある成分のことで、スクワランなどがその代表です。スクワランは新旧2種類のone双方で使われていますが、従来品ではその他にもエモリエント成分として、イソノナン酸イソノニルやパルミチン酸スクロースも配合されています。

 

一方の新商品ERにはスクワランをはじめ、シアバター、メドウフォーム油、ミツロウそれにユーグレナオイルなどをはじめとする多種多様なエモリエント成分がふんだんに入っているのです。

 

エモリエント成分の充実度の違いは配合成分の比率を比較してみると一目瞭然で、従来品は1割に過ぎないのに、ERでは3割を占めるまでになっています。つまり比率にして新商品は旧商品の3倍にも上る訳なんですね。

 

従来品と新発売のER、肌質や使用目的によって使い分ける

 

ここまで読んでみると、新発売のERの方が従来品よりも断然優れているかのように思えてきますが、必ずしもそうとは限りません。確かに2種類のユーグレナ成分が配合されていることや、エモリエント効果が高いという点ではERの方が優位なのですが、それだけにERにはコストがかさむという欠点があります。

 

つまりこの2つは金額としては同じでありながら従来品は77g入りでおよそ2ヶ月分なのに対し、ERは30g入り1カ月分しかないので、1グラム当たりで計算するとERの方が倍くらい掛かってしまう訳です。かといって例えばたっぷりとした潤い効果を期待している人が、単に安上がりと言う理由だけで従来品を選んでしまうと、満足のいく使用感が得られないかもしれません。

 

要は使う目的や肌質とコストとの釣り合いを考えて選ぶべきなのですが、従来品と新発売のER、どんな人に向いているのか具体例を挙げてみましょう。

 

顔以外の部分にもクリームを使いたい場合

→従来品がおススメ

 

先ほども触れたようにERは高額な上に量も少ないので、顔以外の部分もケアしたいというのであれば、容量が多くてより割安な従来品の方が良いでしょう。ERよりはコストも低いので、首筋や胸元は勿論、手などにもケチらずに塗ることが出来ますよね。

 

今ある基礎化粧品では満足できない場合

→ERがおススメ

 

エモリエント成分やユーグレナ由来成分が充実しているERの潤い効果は非常に高いものがあります。そのため今までどの基礎化粧品を試しても納得のいく効果が得られなかった人や、より豊かな潤い感を求める人に向いています。

 

定評のある製品でないと信頼して使用できない場合

→従来品がおススメ

 

使用感や匂いなどは基礎化粧品を選ぶ時の判断材料にもなります。ですから、今まで自分で使ったことのない製品は、他の人の体験談を調べてからでないと安心して買えないという人は多いはずです。しかしERについては、発売されてから年月がそれほど経っていないこともあり、批評や口コミを探しても今の時点ではあまり見当たらないようです。従来品なら既に多くの口コミがあるので、それらを参考にすることが出来ますよね。

 

できるだけ早く年齢肌対策の成果を上げたい場合

→ERがおススメ

 

年齢肌対策を目的に市中に出回っている基礎化粧品を使っても、どれもはっきりとした効果を得るまでに一定期間以上使い続ける必要のあるものばかりでした。そんな時間のかかるコスメ用品に飽き足らない人も多かったことでしょう。

 

しかし、美肌作りに役立つ成分が豊富に含まれているERでは、お手入れを始めるとすぐに効果を感じることが出来ると言います。その上ERはオールインワンコスメなので、毎日のお手入れもこれ一つだけで完了するため、簡単に年齢肌対策を続けることが出来るでしょう。

 

肌が乾きがちで手軽にケアしたい場合

→従来品がおススメ

 

従来品はERと比べると保湿力が劣っているイメージがありますが、決してそんなことはありません。これはERの保湿パワーが傑出しているためにそうした印象を受けるだけであって、従来品にも確かな潤い効果が期待できるのです。しかも塗った後ベタベタすることもなく、肌の乾燥に悩む人にも使いやすいクリームだと言えます。またオールインワンタイプであることから、ライン使いのように細々としたアイテムを揃える必要もなく、お財布にも優しいはずです。

 

まとめ

 

若し今までone オールインワン クリームも、one オールインワンクリーム エモリエントリッチも使ったことがなく、どちらを選んで良いかも分からないというのであれば、先に従来品の方を試してみることをお勧めします。例えば「肌の乾きが気になるので保湿したいけれど、それ程深刻な乾燥肌でもない」と言う程度なら従来品の方が良いかもしれません。

 

従来品を使うメリットは内容量が多く、2か月分たっぷりと使えることです。だから顔のお手入れのついでに体の他の部位の保湿もできるんですね。

 

一方のERのメリットは何と言っても豊富な美容成分と、それがもたらす潤い効果の高さにありす。「肌荒れがひどく、基礎化粧品ならありとあらゆるものを試してみたけど一向に良くならない」「肌トラブルを根本的に改善してくれるようなスキンケア用品を探している」という人に向いているでしょう。

人気のオールインワンゲル価格一覧

  価格 内容量 詳細へ

●メディプラスゲル

通常3996円→初回限定2996円 180g/約2ヶ月分 >>詳細ページ

●シミウス ホワイトニングリフトケアジェルシミウス ホワイトニングリフトケアジェル

通常4743円→3795円 60g/約1ヶ月分 >>詳細ページ

●シズカゲルシズカゲル

通常4980円→2980円 60g/約1ヶ月分 >>詳細ページ

●エニシングホワイト

通常3800円→3416円 120g/約40日分 >>詳細ページ

●イシュタールイシュタール

通常7980円→初回2980円〜 50ml/約1ヶ月分 >>詳細ページ

●薬用シミトリー薬用シミトリー

通常4980円→3685円 60g/約1ヶ月分 >>詳細ページ

●フィトリフト

通常4968円→1980円 50g/約1ヶ月分 >>詳細ページ